とことん自然を利用する|地中熱利用で住宅やビルに電気供給

5つのシステム

工事現場

どんな仕組みで地中熱利用を行なっているのか、詳しく解説されているので確認しましょう。地中の熱を利用するヒートポンプシステムや、空気熱を利用するものなど様々あります。

More Detail

利用できるエネルギー

地熱発電

エネルギーの元は石油だけではありません。利用できるエネルギーがあるなら、それを使わない手はないのです。住宅やビルを運用するとき、電気の供給は欠かせませんが、このエネルギーを一つに頼っていると危険が大きいといえます。地震などで火力発電の供給は簡単に止まってしまいます。復旧するまでに操業や営業が停止してしまうと、会社の復旧も遅れてしまうので、できるだけ地中熱利用や風力発電、太陽光発電などのシステムを利用できたら良いのです。日本は火山大国なので、地中熱利用ができるところは各地にあります。その分地震がくる可能性もあるということではありますが、地域の特性を利用してエコな発電をしていくことが、自然と生きるということでもあるのです。

地中熱で利用できる熱は、地下100mまでにあります。地中にあるため、外気温がどんなに寒くなろうとも一定の温度に保たれているのです。このため、エネルギーの安定供給が見込めます。こういった特性を活かして、地中熱利用システムが導入されているのです。この発電システムを提供している業者は日本でも複数あり、多くの施設が導入を決定し安定的な運用を実現しています。法人でも個人でも、このシステムは利用することができるので、気になったら専門の業者に問い合わせてみることが大事です。どんなことに利用できるのか、そして導入の費用はどのくらいなのか、調べて納得した上で利用を決定するべきです。地球環境のことも考えて、多くの人が再生可能エネルギーの利用を検討しています。

導入できる施設

ヘルメット

環境に良い空調管理をしたいのであれば、地中熱利用システムを活用しましょう。このシステムであれば、ある程度の大きな規模のある施設の空調管理をすることができ、しかも省エネの効果をまざまざと感じるでしょう。

More Detail

気になる費用

工事

導入する際にかかる工事費や機器の購入費、そしてランニングコストを検討しながら地中熱利用システムを導入することになります。ランニングコストもほとんどかからないので、費用も節約することができるでしょう。

More Detail